Category Archives: コラム

カナダの労働事情(1) カナダには残業がない?

残業が全くない!と言うわけではないですが、多くの人は残業しません。日本のように残業が当たり前で定時で帰る人のほうが少ないという環境とは全くの逆です。 今働いている会社の定時は5時なのですが、5時になった瞬間にほぼ全員が席をたち、定時を5分も過ぎたら会社に残っている社員はほとんどいません。それくらい定時退社が当たり前となっています。もちろん、忙しい時期などは残業が必要になる場合もありますが、ある一定の期間だけです。 残業をする人は非常に少ない 残業がほぼ無いという環境だけで驚いたのですが、以前にはこういうこ… 続きを読む »

アイスフィッシングに行って来ました!

今日は友人たちとアイスフィッシングに行って来ました。行ったのはウィニペグ中心部から車で30分くらいのところにある、Lockport州立公園。 場所はこの辺り。 この辺りはPickerel(Walleye)という魚が取れ、ウィニペグから近いこともあってフィッシングファンには有名な場所です。この魚、私は食べたことはないのですが、なかなか美味しいらしいです。ウィキペディアによると最大で108センチの大物も釣れたことがあるそうです。 日本のアイスフィッシングでワカサギをつるのとは雰囲気が違います。いつもの釣りを氷… 続きを読む »

雪の街ウィニペグ・除雪作業

ウィニペグにはもちろん、雪がたくさんふります。豪雪地帯というわけではないのですが、降った雪は春まで溶けずに残るので、除雪されないと道路はとても危険な事になります。降ったパウダースノーを通る車が押し固めていくので、道路の上を一枚の氷の板が貼ってあるような感じですね。 もちろん、そういう街だからこそ除雪のスピーディーさは凄いです。雪が降った翌朝には、主要道路の除雪は終っていて、その他の小さめの道路も数日後には綺麗に除雪されていきます。(街を一回り除雪するのにかかるのは2億円くらいだそうです。) 除雪は主に下の… 続きを読む »

自分の視野は思っているより狭い

ちょっと前だけど、私のツイッターのアカウントは創作ですべてのツイートが空想だって言っている人たちがいた。 彼らが主張する偽物である根拠は、 「カナダに住んでるはずなのに英語のツイートが少ない」 「現地の写真がない」 「子供たちの話が少ない」 「自分が知ってる英語話せる人と言ってることが全然違う」 という事からどう考えてもこれは妄想だ、という事らしい。 上にあげたような例は単純な決めつけでしかないけど、それ以外にも、 「生活基盤を失うことからくる恐怖、不安、拠り所のなさは、実際に一度経験してみないとわからな… 続きを読む »

カナダでの一日

朝起きるのはだいたい6時。一番早く起きるのはだいたい1歳の長男。お陰で目覚ましが必要ない。それから娘たちを起こして、テレビでNHKをちょっと見る。で、朝ごはんの準備。早起き得意なので日本にいる時から朝ごはんの準備は私の役割なのです。 ご飯食べ終わって家を出るのは7時20分。毎朝長女と一緒に家を出る。長女はデイケアといって、個人宅でやってる託児所みたいなところにいってます。個人宅と言ってもちゃんと政府から認可の降りている施設なので、安心。デイケアは自宅と会社のちょいど真ん中くらいにあるので、ちょうどいい。 … 続きを読む »

人生の目的

人生を大きく変えることになるきっかけはそこらじゅうに転がってる。 嫁に教えてもらった話が自分の人生に対する考えを大きく変えたことがあった。有名な話みたいだけど、それまで聞いたこともなかった。 ある国の小さな漁村にやってきたアメリカ人のビジネスマン。 漁師の小さなボートに、大きなカジキマグロが数本ある。 「すばらしいマグロだ。捕るのにどれくらい時間がかかった?」 「ちょっとの時間さ」 「なら、もっとたくさんつかまえたら?」 「とりあえず、家族が食べられれば十分だよ」 「あまった時間はなにをしているんだ?」 … 続きを読む »

変化に対応していくということ

有名なチャールズ・ダーウィンのこんな言葉があります。 It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is the most adaptable to change. 最も強い者が生き残るわけではなく、最も賢いものが生き残るわけでもない。生き残るのは、最も変化に対応できた者である。 これほど深く強く共感できる言葉も少ないってくらい… 続きを読む »

食わず嫌いは損なはず

知り合いのイタリア人にとっては、ピザにパイナップルをのせるなんてありえないらしい。彼らにしてみたら、お寿司にチョコレート乗せてるようなものなのかもしれない。それと、スープパスタってものもありえないらしい。スープとパスタは別物!だって。彼らにしてみたら・・・例えが思いつかないけど、そういうことらしい。 パイナップルピザもスープパスタも大好きな私にとっては「おいしいのに」って思うけど、「ありえない」っていう考えがあるひとにとっては、たとえ美味しくても絶対に美味しくなんて感じられないわけだ。だってありえないから… 続きを読む »

モノは少ない方がいい

今回の海外引越しで本当に実感したのは、今までいかに不用品に囲まれて生活していたのかということ。 今回の移住の際、送料を安く抑えるため、荷物は船便で郵便局から送りました。もちろん引越し業者とか、海外引越しのサービスをやってるところもありますが、やっぱり便利で簡単な分、高いのです。物を送る、という付加価値をまったく生まない事に無駄なお金は使いたくなかったので、一番安い方法を選びました。まぁお金に余裕なんかなかったからですけどね。 郵便で送るということは、重さと箱のサイズ、重さで料金が決まるということ。というこ… 続きを読む »

何をしても文句をいう人はいる

どんなことをしても必ずそれに反論する人はいる。どんなにたくさんの人に賞賛される行動でも、世界には必ず文句をいう人がいる。 今年のコカコーラのクリスマスシーズン向けのカンのデザインは、シロクマをあしらったもので、シルバーと白がベースになっている新しいものだった。コーラは長い間クリスマスシーズン向けの缶のデザインを出してきたけど、今回の白というのは、コーラの長い歴史上初めてのことだったらしい。 これに対して熱烈なファンからはすごい批判あったそうな。 ・Diet Cokeと見分けがつかない! ・赤じゃなきゃコー… 続きを読む »

過程を楽しむということ

例えば、今幸せじゃない人が、今の幸せを犠牲にして仕事を頑張ったりお金をたくさん貯金したりしてもその先に幸せが待っているのだろうか。あと少し出世すれば、あと少し年収が上がれば、あと少し地位が上がれば、って常に思い続けても、まるで目の前に人参ぶら下げられて走っている馬のように、自分が描いている幸せにはたどり着かない。 あと少し今の幸せを犠牲にして頑張ればきっとそこには幸せが待っていると思っても、その幸せというのは所詮自分の想像でしかないわけだ。あと少し頑張ったその先に自分は今まで存在した経験がないのだから、そ… 続きを読む »

便利は幸せじゃない

カナダに来て本当に強く思うようになったのは、便利=幸せではないという事。本当に当たり前の事なんだけど、以前は便利を失うということはそれだけ幸せが減るような、便利であるということが幸せなことなんだと思ってた。 24時間お腹が空いたらすぐそこにコンビニはあるし、そこで本当においしいデザートも手に入るし、むしろ手に入らないものはない。土日だってもちろんどこの店だってやってるし、むしろ土日のほうがお客さんがはいるもんだから長く営業してる。SUICAが一枚あれば電車も乗れるしコーヒーも買えるし家電だって買えちゃう。… 続きを読む »