やっぱりカナダはすごかった!「北極にサンタ専用の郵便局がある?」など、20の驚くべきカナダの真実(2)

By | 2014年3月6日
canada bill
Pocket

カナダの驚くべき真実第二弾。前回の記事では、「世界の半分の湖はカナダにある」など、主に地理的なカナダに関する情報を集めてみました。今回は、ちょっとどうでもいい情報も含めてあなたの知らなかったカナダの真実をお伝えしようと思います。

全世界の10%の森林はカナダにある

forest

白樺の森も多い。

世界第二位の国土があるのですから、これくらいは当然なのかもしれません。ちなみにカナダの国土の約半分は森で覆われています。

人間が住む世界最北の町がある

alert

一番近い集落まで2,000キロある。

ヌナブト準州のアラートという街が世界最北の町です。軍や気象観測施設の常駐員が住んでおり、永住人口は5名。ここにあるアラート空港は世界最北の空港でもあります。この街、10月中旬から2月末まで太陽が全くのぼりません。逆に太陽が久しぶりに顔を出した2ヶ月後の4月初旬から、9月初旬までは太陽が沈みません。一年が昼と夜の2つにわかれているわけですね。過酷です。

アラートの場所。もうほぼ北極。

世界最大の「淡水湖の中にある島」がある

manitoulin

マニトゥーリン島の内陸部。広い。

5大湖のひとつヒューロン湖にあるマニトゥーリン島という島です。島と言っても2,766km2もあり、佐賀県(2,439km2)より広いです。この島の中にも湖があり、その湖は「世界最大の淡水湖の中にある島の中にある湖」だったり、それ以外にも「世界最大の淡水湖の中にある島の中にある湖の中にある島」もあったりと非常に面白いことになっています。地図を見るとその特殊な地形がよくわかります。

世界最大の「淡水湖の中にある島の中にある湖」

世界最大の「淡水湖の中にある島の中にある湖の中にある島」

「Canada」という国名は勘違いから生まれた

cartier

クリストファー・カルティエ。今彼はどう思ってるのだろうか。

カナダに初めて到達したヨーロッパ人、フランス人冒険家のジャック・カルティエを、カナダ原住民が自分たちの村に招待しました。その際、現地の人達が自分たちの村をKanataと呼んでいて、それを聞いたジャック・カルティエは、この土地全体がkanataという名前なのだと理解したのですが、実際にはkanataというのは単なる「村」という意味だったそうです。そこからCanadaという名前がついたというわけです。

カナダの君主はエリザベス2世

20 dollar

現在の20カナダドル紙幣。

カナダの君主はイギリスの君主でもあるエリザベス2世です。現在エリザベス2世は、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど全16カ国の君主を兼ねています。現在、在位63年でイギリス連邦王国として2番めに長い在位だそうです。彼女は現在の20ドル札にも描かれています。

北極にサンタ専用の郵便局がある

santa

Canada Postのページ。「サンタに手紙を出すには?」「サンタは今バケーション中です。サンタの北極郵便局は11月にまたオープンします。」

 実際に郵便局があるわけじゃありませんが、郵便番号は存在します。カナダ内のどこからでも、どんな言語であっても、「North Pole  H0H 0H0, Canada」というアドレスに手紙を出すと、ちゃんとサンタから返信が来るそうです。郵便番号がHo Ho Hoになってるのがちょっとにくいですね。ちなみにこの郵便番号は地図上には存在しません。

くまのプーさんのモデルになった子グマはカナダ出身

090710-Zoo15.jpg

プーさんのモデルになった子グマ

1915年にウィニペグ動物園から一匹の子グマがロンドンの動物園に寄付されました。この子グマはWinnipeg(愛称はWinnie)と呼ばれ、ロンドンの子どもたちに親しまれていたそうです。Christopher Robinもその一人で、後に彼の父親がこの子グマをモデルにしてWinnie The Poohという物語を作ったそうです。ちなみにWinnipegのAssiniboine Parkにはその子グマの銅像があります。

世界最大のビーバーが作ったダムがある

アルバータ州北部で見つかったビーバーダムははなんと全長850メートルもあったそうです。一体何匹のビーバーによって建設されたのでしょうか。通常は10から100メートル程度だそうなので、850メートルは驚きです。下の地図のように、Google Mapの衛星画像でもその姿が確認できます。

この地図にある弓状のものが世界最大のビーバーダム

カナダの100ドル札はメープルの香りがした?

こういった噂が常にあったようですが、カナダ造幣局は正式にこの噂を否定したそうです。今ではカナダの紙幣は全て紙製ではなく、ポリマー樹脂製に置き換えられてしまっているので、こういう噂もなくなってしまうでしょうね。ちなみにこの新紙幣かなり最先端のテクノロジーの結晶らしいです。紙じゃないので水に濡れても大丈夫。

canada bill

カナダの新しい紙幣。プラスチックのような素材でできている。透明な部分もある。

バスケットボールはカナダ人が考案した

basket

当時は本当にバスケットを使っていた。

1891年に、アメリカYMCAの体育部教官を務めていたカナダ人のジェームズ・ネイスミスによって考案されました。冬季に室内でできる競技を考えていた彼は、小さい頃の遊びや、安全性を高めるために身体的接触を少なくする、などの要素を元にバスケットボールを考案しました。13個あった当初のルールは250個までに増えていますが、基本的なルールは当時から変わっていないそうです。

さすが世界第二位の国土を持つ国だけあって、いろいろとスケールが違いますね。今後もいろんな情報を発見次第また記事にしようと思います。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です