過程を楽しむということ

By | 2011年12月5日
Pocket

例えば、今幸せじゃない人が、今の幸せを犠牲にして仕事を頑張ったりお金をたくさん貯金したりしてもその先に幸せが待っているのだろうか。あと少し出世すれば、あと少し年収が上がれば、あと少し地位が上がれば、って常に思い続けても、まるで目の前に人参ぶら下げられて走っている馬のように、自分が描いている幸せにはたどり着かない。

あと少し今の幸せを犠牲にして頑張ればきっとそこには幸せが待っていると思っても、その幸せというのは所詮自分の想像でしかないわけだ。あと少し頑張ったその先に自分は今まで存在した経験がないのだから、それが幸せかどうかなんかわかるはずがないし、想像しか出来ない。

自分が一番理解している自分の立ち位置というのは、今この瞬間でしかないわけです。その今を幸せと感じることがもっと大きな幸せに近づく一番の近道だと思うし、他に道なんてないと思う。
「今は幸せじゃない」という人の心に「幸せ」が来るはずもない。今という瞬間を楽しまないと。ありきたりの言葉ですが、過程を楽しむってことですよね。

そもそも、人生の終着点は「死」しかないわけだから、その他すべてのゴールっぽいものはただの通過点でしかない。そこをゴールとしちゃったら燃え尽きちゃいますよ。

今幸せじゃないと感じている人、思い切って何かを変えてみましょうよ。

 






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です