カナダでアパートを探す

By | 2011年12月18日
Pocket

カナダでのアパート探しと契約体系は、日本のそれとは大きく雰囲気が違います。

探し方

ネットで探すのが一番手っ取り早いです。スーパーなどで無料のフライヤーがあったりもするのですが、ネットのように最新の情報が更新されているわけではないので、やはりネットが一番。googleで、都市の名前とapartmentと入れて検索してみたり、Kijijiなどの情報サイトを利用するのがよいかと思います。

参考までに、カナダのアパート情報を調べるには下記のようなサイトが便利です。
家賃の雰囲気を知るにはちょうどいいかと思います。

Apartment Canada
Rent Canada

ちなみに、日本ではアパートとマンションという言葉には大きな違いがありますが、英語だと両方Apartmentです。Condominiumという言葉も使いますが、これは主に分譲タイプの物件を指すことが多いです。

間取り

日本と違って、1LDKとか2LDKという表記の仕方はしません。1Bed room, 2 Bed Roomといったように、ベッドルームの数で表記されています。日本でいうワンルームのアパートは、Studioと言ったりもします。

たとえば、2 Bed Roomだと、2つベッドルームがあって、それに更にキッチン、リビング、バスルームがある、というのが基本です。風呂トイレ別っていうアパートもあるのだとは思いますが、普通は同じ部屋です。

ちなみにどこのサイトでアパートを探しても、間取りはでてきません。不思議。

契約体系

契約体系には、
year lease(年毎の契約)
Months to Months (月毎の契約)
という二通りがあるのが一般的です。

year lease

日本の場合、大体2年契約でそれを延長していき、退去する際は1ヶ月前に連絡すれば良い、という事が多いかと思います。こちらの場合は、1年間はそのアパートの家賃は払い続けるという契約です。もし、契約期間が終了する前に引っ越すことになった場合、自分でそのアパートに住みたい人を探す責任があります。(Sublet)Kijijiなどのサイトに行ってみると、個人でアパートの賃貸情報を出しているのを見かけますが、それはこのためです。

Months to Months (月毎の契約)

もうひとつの方は、年単位で契約するのではなく、月単位での契約です。ただもちろん毎月契約を更新続けるというわけではなくて、year leaseとは違って好きな時に退去ができて、次のテナントを自で探す必要はないという契約です。(やっぱり1ヶ月前の通知が必要ではありますが)

前者のほうが縛りがあるぶん、家賃が安いという場合が多いです。長期での契約なので、オーナーによっては保証人の情報を求められることもあります。後者のほうが簡単に契約ができますし、簡単に契約の解除ができます。さらに保証人の提示を求められることも少ないようです。ただ、家賃はyear leaseよりも1割かそれ以上高くなっている事が多いです。

Security Deposit(保証金)

まず、敷金と礼金というものはもちろん存在しません。そのかわり、入居する際にはSecurity Deposit(保証金)というものがあります。これは、だいたい月の家賃の50%程度で、基本的には返ってくるという事になってます。ただ、退去する際のクリーニング代などはここから引かれるので、満額は返ってこないと思って方が、よいと思います。

家賃

家賃には、電気料金や水道、駐車場すべて含まれている場合もあれば、まったく含まれていない場合、水道料金だけは含まれている場合と様々です。ちなみに今住んでいるアパートは電気料金だけは別なのですが、暖房や調理、洗濯乾燥機などすべて気にせず使っても月に30ドル程度です。

電気料金など、家賃に含まれていないものは、引越当日か翌日くらいに自分で電気会社や水道局に連絡して、使い始めたことを伝えないといけません。だいたいこれもネットでできます。

家電

電気コンロとオーブン、食器洗い機、冷蔵庫は最初から備え付けがほとんど。アパートによってはさらに電子レンジや洗濯機乾燥機がついていたりします。

引越し

(カナダの中での引越しですが)引越しは、トラックを借りて自分でやるという事が多いです。引越し業者というのももちろん存在するにはするのですが、日本のように大きなビジネスになっているかというとそうではないです。トラックのレンタルは一日30ドルとかそういう値段で借りられるので、自分と友人や家族と一緒に引越ししてるという光景をよく見かけます。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です