こんな人はきっとカナダの生活が好きになる!カナダ向きな性格は?

By | 2014年4月4日
6888439251_03bc94c90b_z
Pocket

 

昨日は、カナダが移住先として人気がある理由をあげてみました。では、そんなカナダでの生活がむいているのはどういう人でしょうか。カナダの生活が楽しめるか、日本の生活の方が快適に感じるかは、ひとそれぞれだと思います。

そこで、こんな人はきっとカナダでの生活が楽しめると思う項目を挙げてみました。(あくまでも私の独断です。)

ではどうぞ

自然に囲まれて生活したい

どんなに大きな都市でも、車で30分も走れば広大な大自然の中です。都市によっては車ですぐに山に行けたり、湖に行けたり、海に行けたり。車を少し走らせるだけで周りに人が1人もいない景色を思う存分に楽しむことが出来ます。

夏の週末はすこし遠出して湖でキャンプ、冬は湖でアイスフィッシングなんて事を頻繁にしたい人はカナダがきっと気に入ります。

家族との時間を最優先にしたい

家族の事を再優先するという当然の事が、ちゃんと当然だと認識されています。家族のことより仕事を優先させろなんて理不尽なことをいう人はいないと言っていいと思います。

家族との時間を最優先にしたい!と言ったらきっと当たり前すぎてびっくりされちゃいます。

残業はしたくない

以前の記事でも紹介したとおり、カナダは日本のように毎日残業が当たり前という働き方をしている人はあまりいません。ほとんどの人が定時ピッタリに会社を出ます。定時を10分でも過ぎたら会社に誰もいないなんてこともしょっちゅうです。仕事が大変だったとしても、5時には会社を出て、その後の時間は家族や友人たちとゆっくり過ごすことが出来ます。

毎日遅くまで働いたりサービス残業を強いられたりということが嫌な人はカナダに来た方がきっと幸せになれます。

会社の飲み会は好きじゃない

日本の一般的な会社のように頻繁に飲み会があるという会社は聞いたことがありません。もちろん、仲の良い仲間たちで頻繁に出かけるようなことはあるでしょうが、半ば強制的な飲み会なんてありません。そんなことしたらパワハラで訴えられちゃいます。

会社の飲み会とか嫌いなんだよなぁという人は、きっとカナダの会社で働いたほうが幸せに働けます

きめ細かいサービスはそれほどいらない

カナダには日本のようにきめ細かいサービスはありません。業者が約束の時間に来なかったり、荷持が指定の時間に届かなかったり、時間どころか違う州に届けられていたり。

こんな所も広い心をもって受け入れられる人はカナダにむいてます。

通勤時間は短い方がいい

例えばウィニペグ市内に住んでいる人の平均通勤時間は30分以内です。1時間毎日満員電車に揺られて会社に行くなんて耐えられないという人にとっては非常に快適な通勤生活が送れます。

夏が良ければ冬の寒さは我慢できる

冬はほぼカナダ全土(BC州除く)で非常に寒いです。その分、夏が素晴らしい地域が多いです。3月下旬にもなれば、夜八時まで明るく、真夏は夜の10時まで日が沈みません。夏も日本のような蒸し暑い夏ではなく、カラッとした暑さの日が続きます。

日本の夏の蒸し暑さを我慢するくらいなら、寒さを我慢したほうがマシだという人はカナダに向いてます。

 

いかがでしたでしょうか。かなり当てはまるという人はきっとカナダでの生活が楽しめると思います。ちなみに私はほぼ全部当てはまっています。 

カナダ住んでみたいなと思った人はぜひこちらの記事も参考にしてください→カナダ永住権取得への近道、マニトバノミニープログラム






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket