ウィニペグで手に入る日本食材

By | 2014年2月9日
20140208_132142
Pocket

海外生活が充実したものになるかならないか。その重要な要素のひとつが、日本食材どのくらい手に入りやすいか、だと思います。郷に入れば郷に従えといように、その土地ではその土地ならではの食べ物を食べるというのもとても良いことですが、やはり日本食は恋しくなるものです。そこで、今回はウィニペグで日本食材が手に入るスーパーマーケットをご紹介します。

日本人経営の日本食材専門店というのは残念ながらウィニペグには無いのですが、中国系や韓国系のスーパーで日本食材を手に入れることができます。いくつかあげると、

Lucky Supermarket

Young’s Market

Sun Wah Supermarket

Oriental Market

などがあります。今回は上に挙げたうちのひとつ、Oriental Marketの風景をご紹介します。このお店は品揃えが豊富な方ではないのですが、店主のおばちゃんが感じがいいのでお気に入りです。

このOriental Marketは、ウィニペグのダウンタウン近くのチャイナタウンに位置してます。

このお店でよく購入しているのが、納豆。

20140208_132157
ウィニペグでも問題なく手に入るんです。冷凍ですが。日本で冷凍された納豆なんて食べたことなかったですが、解凍して食べてみると全く問題なく美味しいんです。写真に写ってる「金のつぶ、梅風味黒酢たれ」は、「大好きだから仕入れて!」ってお願いしたら常においてくれるようになりました。うれしい!

納豆3個パックで3ドル程度。

20140208_132200
冷凍うどん(5玉4ドルくらい)も冷凍ラーメン(1食2ドル60くらい)も冷凍焼きそばもあります。

調味料類は、醤油はもちろんのこと、みりんやすし酢などほぼ揃います。

20140208_132304
キッコーマンの醤油はアメリカで作ってるので安くてに入りますが、その他の輸入品は概ね、日本と比べると2倍くらいの値段です。

お菓子もたくさん。
20140208_132136
ポッキーは大人気

20140208_132142
野菜類

20140208_132238
白菜や長芋、ごぼうやニラも売ってます。

バンクーバーやトロントといった大都市に比べると品揃えや値段は劣るとは思いますが、日本食材が全く手に入らないというわけではありません。また、年々日本食品の品揃えは増えてきているので、カナダウィニペグで生活しながら家で食べる食事は毎日日本食を食べるというのも全く無理じゃない話なんです。

最後に、なによりも重要なお米!お米は、アジア食品店に行かなくてもローカルなグロッサリーストアで売ってます。私たちが食べてるのはこの雪花というアメリカ産のお米。美味しい。
20140209_213049
職人もうなる旬の味。でもほんと、日本で食べていたお米とほとんど遜色ないレベルです。ちなみにこれはカナダ大手のグロッサリーストア、Real Canadian Superstoreというお店で売っています。(6.8キロで14ドルくらい。)この、Superstoreでもアジア食品をかなり扱っています。この店についてはまた他のエントリーで。

 






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です