海外に移住する人が心にとめておいた方がいいと思うこと

By | 2014年6月4日
20140601_124222
Pocket

ご無沙汰しております。久しぶりの更新です。

今回は私が思う、「海外に移住する人が心にとめておいた方がいいと思う事」です。こういう事が頭の隅にでもはいってるとちょっといいかもって思う事をリストしてみましたので、今後海外に住もうと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

日本だったらこうなのにって比べない

海外に住んでいるわけなので、日本と同じサービスやモノが出に入るわけがありません。日本と同じ事を期待しても仕方ありませんよね。日本だったら翌日に届くのに!日本だったらこういうサービスが受けられるのに!日本だったらもっと安く美味しいごはんが食べられるのに!日本だったら・・・。特に移住したばかりの頃はこういうことを考えてしまいがちです。しかし、これって何も産みませんよね。海外に住むことを決めたのは自分。受け入れましょう。

レシートや書類はとっておく

どの資料がいつ必要になるかわかりません。もう二度と使わないと思っていたような書類でもどこかで必要になってくるかもしれません。特に何かの申請に使った資料などはできればコピーをとっておいたほうがいいです。スキャンして画像をパソコンにとっておくというのでもいいですよね。日用品の買い物のレシートは長期間とっておく必要はありませんが、金額の高いものは必ずとっておきましょう。

日記的なメモを残しておく

いくら重要なことで、忘れるはずがないと思うようなことでも、いったん一段落してしまうと詳細は意外とすぐに忘れてしまうもんです。あの時どうやったっけなーってなった時に役に立つ時が来るかもしれないので、簡単でもメモを残しておくと良いです。他の人の役にも立つかもしれませんからね。私も、今までやった手続とかブログにでも書いておきなよ!と妻に言われて書き始めたのですが、いまとなってみたら書いておいてほんとによかったと思ってます。

できるだけ自分でやる

他人にやってもらったことは自分の中に経験としては残りませんよね。難しそうに思える事でも、やり始めてみたら意外とできた!って事もあるかもしれませんし、自分でやるからこそ自分の知識として残るもんです。

カナダでは、なにかを「他人にやってもらう」のは非常にお金がかかります。家の修理やリノベーションもそうですし、税金の手続きなども同じです。意外と自分でできることばかりなので、まずは自分でやってみるという気持ちでいるのがよいです。

自分だけで全てどうにかなると思わない

上の項目の真逆ですが、自分でやってみて無理そうなものはなるべく周りの手助けを得ましょう。役所だったり友人だったり、一人でずーっと悩んでいるより聞いちゃった方が早いです。なんでも頼んじゃうのはどうかと思いますが、それでも困った時は早めに誰かに相談したほうがよいです。

簡単な事は今やる

日本にいてもそうですが、簡単な重要な事って意外と多いですよね。手続き(申し込みやキャンセル)の電話や手紙など、実際には5分もかからないような事でも、放置してしまうと後々めんどうな事になる事が多いです。そういったことによるトラブルはなるべく避けたいものです。

同胞の繋がりを大切にする

せっかく英語(や他の言語)環境にいるのだから、日本人とはあまり付き合わないようにする!というのは英語を習得する上では良い事だとは思います。しかし、異国の地にいる日本人同士の付き合いって意外と大切です。住んでいくうえで役立つ情報を交換できたり、何かと助け合ったりという事も多々あります。日本人同士のつきあいも大切にしましょう。

その土地のルールに従う

日本を出てほかの国に住むわけですからその国の法律やルールに従う必要があります。自国の文化を尊重する心も大切ですが、それ以前にまずその国の文化を受け入れないといけませんよね。カナダのような移民が多い国では比較的いろいろな文化が尊重されているのは確かですが、自国と同じように振る舞ってしまった結果、大きな問題に発展してしまったという事もあります。あくまでも住まわせていただいているという気持ちを忘れてはいけないと思います。

英語には学校で習ったのとは違う言い方がたくさんあるって事を覚えておく

例えばトイレという言い方ひとつにしてみても、アメリカではBathroomやRestroom、カナダではWashroomといったように言い方が違います。その国での言い方や違いをちょっと調べておいが方が良いです。(この件に関しては別の記事で詳しく書きます。)

 

異国の地に住むというのは、多くの人にとって人生の一大イベントのひとつですよね。国が違えば文化も違う。知っているつもりでも実際に住んでみるといろいろ戸惑う事も多いはずです。そういう変化も受け入れられる柔軟な心を持っていたいものですね。

※写真はウィニペグに今年9月オープン予定のCanadian Museum for Human Rightsの建物です。

 






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket