【2015年最新版】マニトバノミニープログラムについて – 必要書類

By | 2015年3月20日
16565079661_2d0f747df1_z
Pocket

昨日に引き続き、マニトバノミニー申請に必要な書類について。

MPNPへの申請は、全てオンラインで行うことになります。以下に記載する全てのドキュメントはスキャンし、MPNPオンラインアプリケーション上にアップロードします。

個人情報

以下の書類は政府が発行するものである必要があります。

  • ID:出生証明書
  • 旅券:パスポート(写真と詳細が記載されたページ)
  • 結婚歴:結婚/離婚/死亡証明書
  • 扶養状況:両親共の指名が記載されている出生証明書、養子縁組書類、後見人書類、旅券

学歴

高校以降に受けた教育やトレーニングプログラムの情報。教育機関やプログラム名、入学時期や言語などが記載されたもの。自分と配偶者共。

  • 全てのプログラムやコースの修了証明書、卒業証明書、それと成績証明書。自分と配偶者のもの

※高校と大学を卒業した場合は、高校と大学それぞれの卒業証明書と成績証明書が必要。

全ての書類は英語またはフランス語である必要がある。

雇用履歴

過去5年間の職歴が記載されている書類。(6ヶ月未満のものは含めない)

  • 全ての雇用主からの署名込みの紹介状
  • 雇用主からの手紙は会社のレターヘッドがあるもので、会社の代表者の連絡先と署名が必要
  • 書類には、雇用開始と終了日、ポジションと職務内容、給与情報を記載する

移民申請履歴と現状

過去の移民申請情報や現在の滞在情報を提出する必要がある。

  • 例えば、Provincial Nominee や federal への申請履歴や結果通知(あれば)、現在のワークパーミット、スタディーパーミットなどの正式な書類

言語能力

英語またはフランス語能力を証明する書類の提出が必要。

  • High Skillに分類される職業(NOC0,AまたはB)以外の職に付いている申請者は、公認の英語テスト結果(IELTS、CELPIP、TEF)の提出が必要

※NOCに関してはこちら

  • 英語テストの結果の提出が必須でない申請者のみ、それ以外の方法で英語能力を証明する書類の提出が可能
  • 英語能力は、MPNPのガイドラインにそって判定される。

 定住費用

全ての申請者は、1万カナダドル、配偶者や扶養家族1人につき2千カナダドルを保有している必要がある。

※これはMPNPへの申請に必要な費用ではありません。マニトバに来て、定住するまでにこの程度必要だと考えられている金額です。この費用は申請者個人名義のものである必要があります。

  • 自分名義の銀行口座の取引記録
  • それ以外の投資証明書
  • 現在の市場価格が記載された不動産の証明書(宝石や家具、車等は含めない)

適応性

全ての申請者は、MPNPオンラインにおいて、なぜ移民先としてマニトバを選んだのか、現地のコミュニティーにどうやって定住する予定なのか、どう仕事を見つけるか、すでにマニトバで働いている場合は今後どうやってキャリアを伸ばしていくかを説明する必要があります。

自己診断ワークシート

今現在マニトバで働いていない申請者は、以下のリンクのワークシートで自分が条件を満たしているかチェックすることが出来ます。

Self-Assessment Worksheet

 

ーーーーーーーー

 

申請に必要な書類はたくさんあります。手間はかかる作業ですが、難易度が高いというわけではないので、ひとつひとつコツコツと集めていけばよいと思います。何事も早め早めが一番ですね。

 





この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket