カナダで春の訪れを感じさせるものトップ5

By | 2015年3月30日
8202152468_3900540af2_z
Pocket

長かった冬も終わり、ようやくカナダにも春がやって来ました。春とはいっても日本の春と比べるとまだまだ寒いのは確かですが、ここカナダでは確実に春です。

日本とは比べ物にならない寒いカナダ。春の訪れを感じさせる風物詩も日本とは違うものもあります。そこで今日はカナダで春の訪れを感じさせるもの5つをご紹介します。(独断ですが、ほぼみなさんこんなもんだと思います。たぶん。)

1 雪解け

20150308_124426

↓ 20150318_184345

まずこれは外せないでしょう。例年10月末から11月初旬にかけて雪が積もり始め、冬の間は基本的に街は雪に覆われています。雪が溶け始めるのは3月下旬から4月頃。遅い時だと5月くらいまで雪が残っている時もあります。

その雪が解け始め、雪に隠れていた芝生が見え始めたりすると、それ以降いくら氷点下になったとしても気分はもう春です。 

2 川の氷が溶ける

8202152468_3900540af2_z 

カナダの多くの地域では、冬の間は川が厚い氷に覆われています。ウィニペグでは世界最長のスケートトレイルを楽しめたり、アイスフィッシングなども楽しめます。氷は非常に厚くて、車でも問題なく氷の上を走れるくらいです。

そんな厚い氷が溶け、川の流れが見えるようになると春を感じるものです。

ただ、薄くなってきた氷の上を歩いたりスノーモービルで走っている最中に氷が割れて川に落ちてしまうという事故が毎年何件も起きています。春先は氷の上を歩くのは十分注意が必要ですね。

余談ですが、氷の上を車で走る場合、シートベルトをしないほうが安全らしいです。氷が割れて車が水の中に落ちてしまった場合、シートベルトをしていない方が車外に逃げ出しやすいからということのようです。

 

3 渡り鳥たちが帰ってくる (特にカナダグース)

 2622440867_84ba080d46_z

3月下旬くらいになると、冬の間暖かい地域に行っていた渡り鳥達が帰ってきます。特に体の大きいカナダグースが帰って来ると本格的に春だ!と感じる人が多いようです。

このカナダグース、春になるとカナダに戻って来て卵を産み、子供を育て始めます。街中至る所で子どもたちを連れたグースが見られるのですが、グースたちが事故の原因になることあります。

人間に慣れているためか、グースは人が近づいても車がそばを通っていてもなかなか逃げようとしません。その上、子どもたちを連れたグースたちが道を横切ることすらあるため、この時期は注意が必要です。

悲しいことに、車の通りが激しい道沿いでは、市がグースの卵を別のところに移したり壊したりということも行われているようです。(これに関してはいろいろと議論になっています。)

 

4 サマータイム

6232669746_0a3ccac0ec_z

ここマニトバでは、サマータイム(Daylight saving time)が3月上旬から始まります。この頃はいつも外はまだまだ冬景色なのですが、サマータイムです。

2月くらいになるとだんだん日が長くなってくるのを感じるようになるのですが、ここにきて一気に1時間、日が伸びる事になります。ちなみに今日現在(3月30日)の日没時刻は7時57分。日本だったら真夏くらいの日の長さですね。

日が出ている時間になるべく活動時間を移すことによって電気消費量を減らそうっていう考えだったのですが、導入してみたもののそれほど電気の消費量は変わらなかったようです。結局今は得しているのはゴルファーくらいだという話もあります。

でもこの夏時間、私は大好きです。

5 道路の穴(Potholes

20140310_POTHOLE1_17404290

 

そして最後はこれ。ウィニペグだけでなく、カナダ全土で春になると大問題になるPotholeと呼ばれる道路に開いた穴。。どうやら、春になると気温が0度を下回ったり上回ったりする日が続くため、道路下の地盤が凍るのと溶けるのを繰り返し、その影響でアスファルト下に空洞ができてしまい、結果こういう事になってしまうようです。

この穴の影響で車が故障したり、穴を避けようとして事故が起こったりととても厄介なものです。市が一つ一つアスファルトで塞いで行ったり、砂利を詰めて応急処置をしたりという対応はしていますが、完全なイタチごっこの状態です。

この忌み嫌われるPotholeですが、これを見かけるようになると春が来たなと感じるのは確かです。

ーーーーーーーー

今年の冬は例年よりも春が早くやって来ました。3月の中旬には雪もすっかりとけ、最高気温がプラスになる日が続いています。 

このまま早くあの素晴らしい夏が早くやってくることを待つばかりです。

 

 

 






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket