ネガティブな情報はほどほどに。

By | 2018年11月1日
Pocket

東京からカナダに4年、そこから帰国して今度は沖縄に移住。 カナダに行ったときの事を話すとよく「勇気があってすごい」とか言ってくれる事が多いです。これ自体はとてもうれしい事なので素直に受け止めていますが、自分では勇気がある方だとは全く思ってはいません。勇気というよりは無謀というか無策というか、そこまで深く考えていないというのが一番正しいかもしれないです。 もちろん自分なりには考えていますし、ある程度は悩みます。ただ、移住したいなどうしようかなと考えて、移住先の情報をじっくり調べて決めるというよりは、最初から移住しようって決めてしまって、それに対して自分の意思が揺るがないようなポジティブな情報を集めてから実際に行動に移すって事をしています。ただ、そういうやり方をしようと決めてやってるわけではなくて、振り返ってみたらそういうやり方をしてるなっていうだけではありますけどね。。

ただこういった最初っから決めちゃうっていうのは一人であればいいのですが、家族には迷惑かけてる部分は大いにあるので、誰にでもお勧めできる方法ではないかも。。

とにかく、どうしようかなって考えている程度だと移住なんかできないです。まだ自分の中で決めていない状態でネットで情報調べ始めたら、絶対ネガティブな情報ばかりが入ってきます。みなさんはどうかわからないですが、どうしようかなぁって思っている時はなぜかネガティブな情報ばかりが目に付くんですよ。たぶん、自分のなかで行動を起こさない理由を探しちゃってるのかもしれません。移住はかなり労力のいる作業です。生活の基盤がガラっと変わるわけですし、お金もかなりかかります。

その先に自分が望んでいた生活が待っているかなんかやってみないとわからないですし、ほぼ100%期待通りにはいかないです。 それがいい意味で期待外れになるか悪い意味で期待外れになるかは誰にもわかるわけないですよね。かといってそこにとどまって移住を夢見ていても悪い事だってよい事だって起こり得るわけですから、「何か悪い事が起こるかも」という理由で自分の起こしたい行動をやめるのはもったいないです。なので、移住したいと思っているのであれば移住するって決めて、どこに行くか探し始めたらいいです。

Pocket