ウィニペグの夏と冬

By | 2014年2月10日
2014-02-10_2153
Pocket

ウィニペグは、カナダマニトバ州南部にある地方都市。マニトバの州都です。

場所はこの辺。

簡単に言うと、「カナダど真ん中に位置する、冬が異常に長く寒いカナダの地方都市」です。

8283496660_4e3292f3bf_b (1)

ウィニペグ近郊。友人撮影①

冬はとにかく寒い! どのくらい寒いかと言うと、1月の平均気温がだいたいマイナス18度くらいと言えばどのくらい寒いかわかっていただけるかと思います。今この記事を書いてる時点で外気温はマイナス24度です。ほんとにウソみたいな寒さですが、ここに住んでみると、この位の寒さは「意外と住めない事もない」って事に気付きます。寒かったら防寒すればいい、ということですよね。

ウィニペグ近郊。友人撮影②

ウィニペグ近郊。友人撮影②

例年だと10月末あたりに雪が降り、そのままずっと暖かくなるまでとけません。とけるのは3月末か4月くらい。去年は5月末くらいまで残ってました。

冬は長く厳しいですが、その分逆に春から秋は最高です。
自宅の裏庭からの夏空①

自宅の裏庭からの夏空①

カラッとしていて蒸し暑くなく、外で遊ぶには最高の夏が待っています。この夏の為に冬我慢したんだ!と胸を張って言えるほどです。
自宅の裏庭からの夏空②

自宅の裏庭からの夏空②

緯度が高いのに加え、サマータイムを導入しているので、夜の9時くらいまで明るいので、遅くまで外で遊べます。夏至のあたりは夜の10時すぎにやっと暗くなってきます。

裏庭でビール。これで夜9時過ぎ。

裏庭でビール。これで夜9時過ぎ。

ウィニペグの1年は、10月中旬から5月中旬までの7か月間程度が冬で、残りの半分を春と夏と秋が分けてるといった感じです。 冬が好きという人も中にはいますが、やっぱり多くの人は冬の間中ずっと夏が恋しい夏が恋しいと言っています。さすがにこの長さは慣れるもんじゃないんですね。長い辛い寒い冬を耐え抜いたあとに待っている夏は本当に最高です。

あー本当に夏が待ち遠しい!!





この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です