移住にかかった費用

By | 2011年12月11日
Pocket

当たり前だけど、移住にはお金がかかる。そのどうしてもかかるお金の話を書こうと思います。

ツイッターなどで見ていても、「海外移住はお金がかかるから無理。」という発言もよく見ますが、実際にはどのくらいかかるものなのか計算して、自分が今使える額と照らしあわせた結果、無理と判断しているという人は意外に少ない。

ちゃんと考えてみたら意外に現実的に見えてくるかもしれません。・・その逆もあるかもしれませんが。

当然ですが、渡航する次期、家族構成、滞在先、滞在方法、など、すべての要素によって大きくかかる金額は変わってくるので、参考にならない場合もあるかとは思いますが、少しでも参考になれば。

家族構成は、私、妻、長女4歳、次女2歳、長男3ヶ月の5名です。まずは、数カ月間の避難のつもりで、カナダの友人宅へ避難しました。まず移動のためにかかった費用はおおまかにこんな感じ。

・次女と長男のパスポートの申請費
・国際運転免許証の申請費
・航空券
・現地での移動費

パスポートの取得費用は以下のとおり。

10年旅券 15,000円
5年旅券 10,000円
12歳未満 5,000円

国際運転免許証の取得費用は2,650円(東京都の場合)です。

やはり一番お金がかかるのは、航空券
これは本当にタイミングよって大きく変わってきます。私達が避難した時は、急ぎだったということもあって、あまり選択肢がありませんでしたので、家族5人で650,000万円程度かかったと思います。ただ、時間に余裕をもって購入したり、バンクーバーなど比較的日本に近い都市だったりすると大幅に金額は変わってきます。ちなみに、8月に一時帰国後、再度カナダに戻った時は、ちょうど夏休みシーズンだったり、ワークパーミットの許可が降りるまで購入が出来なかったこともあり、直前の一番高い料金でチケットを購入しました。結果、片道にも関わらず家族全員で850,000円程度かかってしまいました。これは痛かった。

移動するだけの費用なので、できるだけ安い次期を選んで購入するのが一番ですね。

参考までに、子供料金はこんな感じです(エアカナダの場合)
乳児(シートを使わない)運賃の10%
幼児(シートを使わない)運賃の10%
幼児(シートを使う)運賃の70%

滞在先について
私達の場合、運良く受け入れてくれる友人がいたので、当初の滞在費は、電気料金の半分を友人に渡していただけでした。(だいたい100ドル程度)私達の場合、最初の避難の際にかかった費用はその程度です。

現在の滞在先
ワークパーミットを取得して、カナダに戻ってから直ぐにアパートを探し始めました。今私達が住んでいるアパートは、今の日本円で考えると10万円程度のところです。カナダのアパートは日本と違って、家具付きというところでなくても、だいたい、電気コンロ、冷蔵庫、食器洗い機、洗濯機乾燥機(建物に一箇所という場合も)が付いているので、そういう必要最低限なものは購入する必要が無いので楽です。

車!
そしてどうしても必要なのは、車。ダウンタウンなど、都市の中心にすまない限りは車は絶対必要です。特に子供が2,3人とかいたらもうぜったい。

車に関しては、中古で購入することももちろん出来ますが、最初は安くても結局あとからの修理などで余計にお金がかかってしまうことが多いのが実情です。そういう心配をするのが嫌だったので、たまたまセールになっていた新車を購入しました。ちょうどいいタイミングだったので、中古車を購入するのと変わらない金額で購入できました。やはり何事もタイミングですね。

受け入れ先がない場合
受け入れ先がないとなかなか足を踏み出しヅライのはたしかですが、そういった受け入れ先がないとしても、滞在するのは可能です。考えられる方法は、
・まず日本にいるうちにネットなどでアパートを探しておき、予約しておく。
・渡航した直後はさすがにすぐにアパートに移るのは難しいので、ホテル。
・その後、アパートに移る
というのが一番よいかと思います。

アパートの契約
アパートは保証人が必要な場合とそうでない場合があるので確認が必要。また、最初は家具付きのアパートに移ったほうが生活は始めやすいです。ただ気を付けないといけないのは、1年契約が必要なところと、マンスリーでの契約が可能なところと分かれているということ。

マンスリーの契約であれば、前月までに伝えておけば直ぐに退去できますが、1年契約だった場合、契約が終了するまで料金が発生することになります。その場合、自分でサブレット、ようするに又貸しをしないといけなくなります。

就職活動に来られる際は身軽で!
先日のエントリーでも書いたように、ワークパーミットを取得するにはまず一度こちらに来て、実際にたくさんの企業にあって話を聞いてもらうのが一番です。私達の場合、最初は数ヶ月の避難のつもりだったということもあり、最初から家族全員でこちらに来ましたが、就職活動のために来るとしたら、家族全員で来るより、旦那さんや奥さんのみで来られたほうが金銭的にも浮きますし、動きやすいかもしれません。

結果的に、私達家族の場合だと、最初の避難とパーミット取得後の移動すべてあわせて200万円程度はかかってるというのが現実的なところです。もちろん、最初から移住するつもりで、計画性をもって動けばこの金額はぐんっとさがります。なので、200万ないと無理、という訳ではないです。

一番重要な仕事をどうやって探していくかについてはまた後日書こうと思います。

追記
ワークパーミットの申請費用は、日本円だと12,000円です。安いもんですね。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です