カナダで一番事故が少ない州はどこ?

By | 2014年2月13日
8434825592_dbc0fd52e5_b
Pocket

ウィニペグは一昨日も雪でした。

滑りやすい雪道を運転しながら、カナダで一番事故が少ない州と多い州は一体どこなんだろうとふと疑問に思ったので、調べてみました。簡単な州の説明と共にカナダで一番事故が少ない州ランキングをご紹介します。ランキングは、人口十万人あたりの事故死者数(州名の右に表記)を元に出してあります。

では、ランキングをどうぞ。カナダ平均は6.6です。

13位:ユーコン準州 20.8

州都ホワイトホース。カナダ北西部、アラスカと接する場所に位置する州です。人口3万6千人。カナダ最高峰のローガン山があります。カナダ平均から比べると事故死者数が3倍以上です。

12位:サスカチュワン 14.7

州都サスカトゥーン。カナダ中西部に位置しています。人口100万人以上の州で一番危険な州なのですが、一体なぜなのかはわかりません。サスカチュワンに何があるんでしょうか。

11位:ノースウェスト準州 11.4

州都イエローナイフ。オーロラツアーのメッカ、イエローナイフがあるカナダ北部の州です。北部は北極圏に位置し、夏の1ヶ月は太陽が沈まず、逆に冬の1ヶ月は太陽がのぼりません。

10位:アルバータ 9.6

州都エドモントン。以前冬季オリンピックが開かれたこともある、カルガリーがある州です。アルバータは石油産業が盛んで、経済の成長が著しい州です。そのためか消費税がカナダで一番低い5%です。(他の州はだいたい13%)事故が多いのはやはり坂道が多く雪も多いのが原因でしょうか。

9位:ニューブランズウィック 8.8

州都セント・ジョン。(ニューファンドランド・ラブラドールの州都と名前そっくり)カナダ東部の州。すいません、初めて聞きました。ちょっと調べてみてもどういう場所かよくわかりません。

8位:プリンスエドワード島 8.5

州都シャーロットタウン。カナダ東側に位置する、人口は14万5千人の小さな州です。赤毛のアンの舞台になった島ですね。

7位:ブリティッシュコロンビア 8.4

州都ビクトリア。日本人に大人気のバンクーバーのある、カナダ西側に位置する州です。海があり山があり、なによりカナダの中で一番温暖だということで、私の羨望の眼差しを一身に受けている州です。雨や曇の日が多かったり、山がちな道が事故数を増やす要因なのかもしれません。

6位:ノバスコシア 7.7

州都ハリファックス。カナダ東部の太平洋に面した州です。島みたいなところですね。私のこの州のイメージは「なんか名前がかっこいい」ってことだけです。一体どういうところなのでしょうか。

5位:マニトバ 7.1

州都ウィニペグ。カナダ中央部のプレーリーに位置しています。我がマニトバは5位という結果でした。平冬は道路が凍結したり道路状況は非常に良くないのでもっと危険かと思っていましたが、実際にはカナダ平均より少し悪い程度でした。坂道がほぼないのが影響してるのかもしれませんね。※ウィニペグの冬の交通事情についてはまた後日記事にします。

4位:ケベック 6.6

州都モントリオール。カナダで唯一、フランス語のみを公用語としている、フランス語圏の州です。事故死者数はカナダ平均と同じ。フランス語喋る人はのんびりしているからきっと事故も少ないのだろうかと思いましたがそれはただの私の偏見ですね。

3位:ニューファンドランド・ラブラドール 6.3

州都セント・ジョンズ。カナダの北東に位置する州です。場所すらしりませんでした。ちょっと何があるのかとか、どういうところなのかわかりませんすいません。

2位:ヌナブト準州 6.2

州都イカルイト。カナダ中央北部に位置する準州です。面積は200万平方キロ(日本の5倍以上)あってカナダで一番広い州なのですが、人口は3万5千人しかいません。交通量はもちろん少ないので事故も少ない、ということかもしれません。

1位:オンタリオ 4.1

州都トロント。カナダ首都のオタワもオンタリオにあります。カナダで一番人口の多い州で、カナダ全人口の3分の1がオンタリオに集まっています。一番人口の多い州が一番安全だというのは興味深い結果ですね。電車やバスなどの交通機関が発達しているということなのでしょうか。

 

犯罪率などはよく話題に上がりますが、こういう運転における安全な場所と危険な場所というのはなかなか話題にはなりません。どこにいても車の運転には気を付けなくてはいけないというのは当然ですが、こういう数字を基に見えてくることもあるかもしれませんね。

 

カナダで事故が少ない州ランキング

    死者* 負傷者* 人口
1 オンタリオ 4.1 472.5 13,538,000
2 ヌナブト準州 6.2 130.5 35,600
3 ニューファンドランド・ラブラドール 6.3 464 526,700
4 ケベック 6.6 550 8,155,300
5 マニトバ 7.1 591.7 1,265,000
6 ノバスコシア 7.7 804.4 940,800
7 ブリティッシュコロンビア 8.4 451.4 4,582,000
8 プリンスエドワード島 8.5 540.8 145,200
9 ニューブランズウィック 8.8 480.7 756,100
10 アルバータ 9.6 552.2 4,025,100
11 ノースウェスト・テリトリーズ 11.4 302.2 43,500
12 サスカチュワン 14.7 652.2 1,108,300
13 ユーコン 20.8 517.1 36,700

*人口100,000人あたり。

出典: Most dangerous Canadian provinces for drivers
(このページではランキングは逆になっています。)






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です