カナダ永住権への近道、マニトバノミニープログラム②

By | 2012年1月2日
img_442768_7841087_0_R
Pocket

※この情報は2012年1月時点のもので、すでに古い情報です。最新の情報は最新の記事をご確認ください。

前回のエントリーからの続き。

ノミニープログラムを使えば、個人で直接移民局へ申請するよりも格段に永住権の取得が容易になります。

ここウィニペグではノミニープログラムでの移民がたくさんいるのでとても有名な制度ですが、他の州ではそれほど有名でなかったり、実際に移民されてきている方でもこの制度をしらないという人も多くいます。まさにカナダ永住権取得への近道なので、覚えておいて損はないと思います。

マニトバ州のノミニープログラムは4つのStreamがあります。

Employer Direct Stream
有効期限内のワークパーミット
6ヶ月間マニトバ州の雇用主の下での就労
同じ雇用主からの長期のフルタイムジョブオファー

International Student Stream
Post-Graduation Work Permitを取得している。
(学位取得者に最大で3年間のオープンワークパーミットを与える制度)
6ヶ月以上就労している雇用主からの長期のフルタイムジョブオファー

Family Support Stream

マニトバに居住している近親者からのサポート証明書(Manitoba Affidavit Support)
それ以外の条件を満たしていること。

General Stream
下記の4項目のうちひとつでも当てはまること。
・近親者がマニトバに居住している。
・マニトバで教育を受けた経験がある。
・2名以上の親族または友人からのサポート証明書
・最低6ヶ月の就労経験

詳しくは下記のPDFにすべて情報が載っています。
Manitoba Provincial Nominee Program

※上記は2012年1月現在での情報です。現時点では4つのストリームというのはなくなり、2つに統合されています。詳しくは今後のエントリーで説明していきますが、まずは公式ウェブサイトをご確認ください。

わかりにくい点もあるかと思いますが、なにか確認されたいことがあればお気軽にご質問下さい。

 






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です