カナダの代表的なファーストフード、Poutine(プティーン)

By | 2014年2月19日
800px-OriginalPoutineLaBanquise
Pocket

カナダの代表的な食べ物は?と言われたら、おそらく日本にいた頃はスモークサーモンと答えたと思います。ですが、実際のところスモークサーモンはおみやげとしてはかなり有名ですが、それほどカナダで食べられているものという事はありません。(「カナダといえばスモークサーモンでしょ!?」と友人に聞いたら、返事は「なんで?」でした。)

伝統的なファーストフード

カナダならではの食べ物というのはおそらくいろいろあるのだろうと思うのですが(あまり思いつきません)、その中でもこれは美味しくてカナダならではと言えるのが、Putine(プティーン)。これホントにカナダでしか食べられません。アメリカにもないそうです。どういうものかと言うと、「フライドポテトにカードチーズとグレービーソースをたっぷり乗せたもの」です。

これがプティーン。

800px-OriginalPoutineLaBanquise_R

プティーン。これは綺麗に盛りつけられた例。wikipediaより。

意外と本当にうまい

なぜこういう組み合わせが考案されたのかはわかりませんが(おそらく適当に混ざっちゃっただけ)、これなかなかのものです。しかしカロリーすごそうです。ちょっと美味しくなさそうに見えるかもしれませが、コレが美味しいんです。

違うバージョンとして、グレービーソースの代わりにチリソースがかかったチリプティーンなるものも存在します。(このチリソース、辛いチリじゃなくて、豆煮込み的なやつです。正式名称チリコンカーン)これもまた美味しい。

このプティーン、カナダ内のショッピングモールであればどこでも食べられますし、多くのファーストフード店でも取り扱ってます。カナダに来た際にはぜひお試しください。

20140217_160941_R

先日食べたハンバーガーとプティーンのセット。ハンバーガーの中にもポテトとグレービーソースが入ってた。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です