メープルシロップのグレードについて

By | 2014年2月20日
3341606099_e4c59bdaa6_b
Pocket

多くの日本人にとってカナダといえばメープルシロップとスモークサーモン。特にメープルシロップはカナダのおみやげの代名詞ともいえるほど。そのメープルシロップのグレードについてのニュースがCBCに載っていました。

Grade Aが一番美味しいとは限らない?

現在売られているメープルシロップのほぼ全てに、「Grade A Fancy」や、「Canda No.1」などと書いたラベルがはられています。しかし、メープルシュガー製造協会のMatt Gordonさんによると、実は多くの人が好むのは、より濃い色をした「Grade B」なのだそう。ただ、メープルシロップのグレードに詳しくない人は、No.1やFancyといった謳い文句を読んでGrade A を購入してしまい、香りが期待よりも少なかったりしてがっかりすることが多いのだそうです。

今のグレードは19世紀、人々が砂糖の代わりにメープルシロップを使っていた頃の名残なんだそうです。当時は砂糖の代用品だったので、香りが強いものよりも香りの少ないものが良質だとされていたと言うわけです。確かに、1世紀以上も前の人々の好みによって決まっていたグレードが現代に適用できるかというと必ずしもそうとは言えないですよね。

ということで、Mattさんによると、カナダのメープルシロップグレードも、2016年ころには変わる予定だそうです。ずいぶん時間のかかる話ですが、1世紀も変わらなかったシステムを変えるのはなかなか難しいということでしょうか。

Maple syrup producers seek better grade of labeling

メープルシロップは料理に広く使われている

やはりメープルシロップの世界最大の産地だからか、メープルシロップを使った料理を見かけることが多い気がします。以前入ったレストランで、メープルシロップサーモンなるものを食べてその美味しさに感動した覚えがあります。甘辛ダレで煮付けたみたいな味になって本当に美味しかったです。ぜひお試しください。

3341606099_e4c59bdaa6_z

グレードによって色がこんなにも違う。色が濃いほうが味も香りも強い。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です