カナダの住宅事情(2) カナダの家の特徴(続き)

By | 2014年2月20日
4414925167_1372bdff3e_z
Pocket

前回に続き、今回もまたカナダの住宅の特徴についてご紹介してきます。今日のは細かい所やすでに常識な事などいろいろ。

バスルームはトイレと一緒

これはもう日本でも知られている事だとは思いますが、日本の一般的な住宅のようにお風呂とトイレはわかれていません。どんな立派な家でもバスルームにはトイレとバスタブ(シャワー)とシンクがあるスタイルが一般的です。お風呂に入るというよりシャワーを浴びるための場所ですね。日本のお風呂は、お湯につかってゆっくりしてさらに体を洗うという感じですが、こっちのお風呂はあくまでも体を洗う場所といった感じです。日本のような洗い場もないため、バスタブから出て体を洗うという場所はありません。

ガレージがある家が多い

全ての家にガレージがあるわけではないですが、ガレージがついている家が多いのは確かです。ガレージも、家とくっついているタイプ(Attached Garage)と、家とは独立しているタイプのもの(Detached Garage)があります。また、ガレージのドアは電動タイプのものが一般的です。ガレージ内部にあるスイッチか、車においておくリモコンのスイッチで開け閉めします。

重要なのは裏庭(バックヤード)

庭といっても、フロントヤードと呼ばれる家の前にある庭と、バックヤードと呼ばれる裏庭があります。日本語でも裏庭のイメージは、あくまでも余ったスペースのような感じがしますが、ここではバックヤードがメインの庭です。私たちも夏には毎日のように裏庭に出て子供たちと遊んだり、バーベキューをしたりパーティーをしたりと楽しんでいます。冬はなかなか外に出られることが少ないですが、暖かくなってくると雪山を作ってそりで遊んだりしています。逆にフロントヤードは、芝生があるだけのスペースです。

玄関ドアは内開き

日本とは違い、玄関のドアは内側に開きます。その外側にまた薄い扉があって、2枚式になってる場合が多いです。(外側にあるドアは外開き)なぜ日本のように外開きじゃないんだろうととても疑問に思います。外開きになっていれば、玄関前に靴があっても問題なくドアを開くことが出来ますよね。これはちょっと不満。また、日本のように「ここは玄関」とはっきりなっているわけじゃなくて、リビングが玄関だったり廊下の突き当りが玄関だったりします。玄関というものにあまり重きをおいていないような感じでしょうか。日本のように靴をぬぐ場所がはっきりもしていません。でもアメリカのように靴のまま家の中に入るというわけでないので、ちょっと中途半端な感じです。

洗濯物は外で干さない

洗濯乾燥機が備え付けてあるのが一般的です。外の物干し竿で洗濯物を干すという習慣はほとんどありません。たまにシーツなどを干しているのを見かけますが、洋服から下着まで全て外に干すというのは非常にまれです。乾燥機って本当に楽です。雨も雪も風も、洗濯物をするのを妨げるものは何もないですからね。冬に洗濯物外出したら凍っちゃいますしね。ただ新品の洋服とかかなり縮むのでそれを見越して洋服買う必要はありますが(笑)

キッチンが高い

キッチンの高さはほぼ度の家も一定で、日本のそれよりもかなり高いです。日本の家では低めのものを使っていたので、妻にとって最初は使いにくかったようですが、慣れるとこの方が力が入れやすくて使いやすいと言っています。慣れれば問題ない高さです。

シンクが2つに分かれてる

日本と同じ広さのシンクが2つに分かれてると考えていただけるといいかと思います。これは一体どうしてなのか未だに疑問です。片方に洗剤を入れた水を入れて、もう片方には真水を入れて食器を洗えるようにということなのかもしれません。ひとつの大きなシンクに慣れている日本人にとってはこれは使いにくいものかもしれません。


 

大きな違いから小さなところまでざっと紹介してきましたが、なんとなくどういう感じかイメージ出来たでしょうか。国が違うので家のシステムが違うのは当然といえば当然なのですが、なんでだろうと思うことも多いです。特にお風呂。日本のお風呂は本当に恋しいです。湯船があって洗い場があって、水が跳ねないように気にする必要がないお風呂に入りたい!

カナダの住宅事情シリーズでは、今後、カナダでの家の購入の流れについてもご紹介していく予定です。

4414925167_1372bdff3e_z

友人撮影。ウィニペグ市内から20分ほどのところにあるのレッドリバーの支流。春が近づくにつれ、凍っていた川が中央から溶け始め、川の流れが見えるようになってくる。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です