カナダのいいところをあげてみる①

By | 2012年3月14日
8045958167_e01f4b1049_b
Pocket

カナダに移住したいと考えている人も中にはいると思うので、
今日はカナダのいいところ”だけ”を書いてみようと思います。「カナダの」って言ってますが、私が知っている範囲の話です。

自然が素晴らしい
ウィニペグは広大な平地のど真ん中に位置しているので、周りに山がありません。車で10分も走れば見渡す限り地平線しか見えない!っていう場所です。山がない、高い建物がない、という事はその分空が異常に広いです。これはすごい。夕焼けも朝焼けも壮大です。

公園がたくさん
街中いたるところに公園が配置されています。都市計画で配置されているので、それが今後とりこわされてビルになる、とかいう事もありません。もちろんそれほど大きくない公園もありますが、だいたいがサッカー場5個くらいありそうなくらい広い。そこにジャングルジムなどの遊具があったり。もっと広い広大な公園も市内にいくつもあります。子供の広場がとても充実していたり、水遊び場があったり。子供にはよいですね。

散歩道とか整備されてる
公園だけでなく、遊歩道も整備されています。大きなハイウェイのわきにはそれと並行してずーと長い歩道が配置されていたりします。ジョギングしてるひと、ローラーブレードしている人、サイクリングしてる人など様々。

夏の日が長い
3月上旬から11月上旬まで、Day Light Saving Time、いわゆるサマータイムです。さらに、カナダは緯度が高いので、春から秋にかけての一日の長さはすごい。サマータイムが始まったばかりの今でさえ、日没は7時半。真夏には日没が9時半以降にまでなるので、5時に家に帰ってきてからでも、まだあと4時間以上明るい。一日の時間が有意義に使えます。

夏の気持のよさは異常
さらに夏はからっとしている日が多いので、暑くても日本の夏のように汗だくにはなりません。日差しは暑いけど、木陰に入ればひんやりすずしいっていうとても素敵な夏です。海からは遠いですが、周辺には湖がたくさんあって、ビーチもあります。夏にはたくさんの人がビーチに遊びに出かけてます。

人がやたら優しい
カナダに来てなんども驚いたのが、人々のあったかさ。会う人会う人みんなが優しい。他人に対して優しくすることを恐れていないとでもいったらいいのか。

フレンドリー
とにかくみなさんフレンドリー。英語文化がもともとそうっていうのもあるけど、それだけではない何かがあります。さっき会ったばかりの人と冗談言い合ったり、あれ、知り合いじゃなかったの?!っていう雰囲気で話している人が多かったり。実際そういう中に自分もいると、そうなってくるから不思議。

家族優先、家族ぐるみ
だれもが家族優先。これは当然と言えば当然なんだけど、とにかくそう感じる事が多い。日本だと、中学生くらいになったら親と食事に出かけたり、買い物に出かけたりとか
そういうのがちょっと恥ずかしいっていう感じがあるような気がする。実際自分もそうでした。でもこっちは家族で過ごす、という文化がもともとあるから、イースターだったりサンクスギビングだったりクリスマスだったりと、基本は家族そろってお食事。子供がいるから余計に、こういうのいいなぁって思う。

定時退社
みなさん残業はしません。よほどのことがあったりトラブルだったりするときはせざるを得ない事もありますが、基本的に毎日定時ピッタリに帰宅します。定時はだいたい4時半か5時くらいなので、その時間には会社を出て、おそくとも6時には家についているっていうのが当たり前の平日です。車のラッシュも4時半から5時半くらいまでで、それ以降は急に空きます。

飲み会とかない
日本の会社でよくある、会社終わってからの飲み会は基本ないです。ただ、誰かの誕生日だったりと特別な時はもちろんそういう事もあるけど、日本のように頻繁じゃないです。

DIY環境が最高

ここに住む人たちのDIY精神は素晴らしい。基本、家の事は自分でやっちゃいます。ちょっとした修理だけでなく、例えば家の改築だったり、そういう事も自分で。ウィニペグの家はかならず地下室がついているのだけど、新築だと地下室の空間だけ出来上がっていて、壁、床、天井などは全くできていない事がおおいのです。そういうのも自分でやっちゃう。そして、そういう材料や機材などなんでも手に入るお店も多い。新築の家はまだ出来上がっていない状態で買って、あとは自分でコツコツ作り上げていくという感じですね。

家の価格が下がらない、むしろ上がる
これは日本の状況とは全く違うので本当に驚きました。とにかく、家の値段というのは下がらないもの、という前提があります。(もちろん恐慌などあればべつでしょうが)むしろ、どんどん上がっていく。10年前に1千万円で買った家が、2千万円で売れた、なんていう話もザラです。本当に。投資のつもりで家を買う人も多いくらいです。20年経ったら家の価値はほぼなくなってしまう日本の住宅状況とは大きくちがう点です。なので、結婚したてとか、子供がまだ小さいうちは小さ目の家に住んで、それから
子供が大きくなるにつれて新しい家に引っ越していくという人たちも多いくらいです。

とまぁずらずらと思いつくままに書いてみましたが、こう考えてみるといいところだらけです。悪いところ、大変なところはまた後日書くつもりですが、いいところに比べたら、そんなのきれいさっぱり隠れちゃうくらいです。

8045958167_e01f4b1049_b






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です