ついに永住権取得しました!

By | 2013年6月26日
2012-10-24-Canada-flag
Pocket

本日、晴れてカナダの永住権を取得してきました。原発事故後カナダに移ってきてから数えると2年1か月ちょい。長かったけども、もっとかかるケースもある事を考えると意外に早く取得できた方なのかもしれません。

という事で、簡単に永住権取得までの道のりを書いてみました。

2011年

 4月 カナダ入国。当初は数か月滞在の予定。
 5月 カナダ移住を決意。職探しを始める。
 6月 タイミング良く日本語と英語が出来る人を探していた会社からオファーを貰う
ワークパーミット取得の為の、Local Market Opinionの処理開始(雇用主側)
 7月 Local Market Opinionの結果が出る。Approved。
ワークパーミット取得と家の片づけの為に一時帰国。
申請書は一足先に実家に送り、そこからカナダ大使館に郵送してもらいました。
 8月 ワークパーミットの申請結果到着。Approved。
カナダに帰国。働き始める。

2012年

 2月 カナダの会社で働き始めて6か月経過した日に、マニトバノミニープログラムに申込み。
 5月 マニトバノミニーにノミネートされた旨のレターが届く。
カナダ永住権に申込み
 9月 健康診断の手紙送ったんだけど返送されてきたという旨の電話連絡あり。
住所を間違えて記入していた。(実は7月の時点で郵送してたらしい。)
メールで送ってもらえるよう依頼(それ以降連絡はメールに来るようになりました。)
健康診断の予約
10月 健康診断を受診
11月 アメリカの無犯罪証明書が必要、との連絡。
FBIに無犯罪証明書の申請。
12月 FBIから無犯罪証明書が届く。カナダ移民局に送付。

2013年

 1月 オンラインでの審査ステータスが「In Progress」に。処理開始されたらしい。
 3月 審査ステータスが「Decision Made」に。
2日後、永住権手続きの為の費用支払い請求メールが届く。即日入金。
 5月 Confirmation of Permanent Residenceが郵送で届く。
パスポート、ワークパーミット、一時滞在ビザ、CPRを持ってカナダボーダーに。
永住権取得。

 

自分よりも後に申請した同僚も同じ時期に取得出来ていたりするので、実際の処理はこれより少し早いと思います。

とにかく、これで選挙権がない、選挙に立候補出来ないという点以外はほぼカナダ人と同じ権利と義務が貰えたわけです。

待ちに待った永住権。本当にうれしい!!

 

2012-10-24-Canada-flag






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です