ウィニペグの今年の寒さはやっぱり記録的だった!(体感気温マイナス気温30度以下が既に70日間)

By | 2014年2月26日
20130411_200215_Fotor
Pocket

今年の冬は特に寒い!と毎年言っている気がしていましたが、今年の冬の寒さは記録的だったようです。(Global Winnipegより)

マイナス30度が既に70日以上

Environment Canadaの発表によると、2013年12月1日から現在までで、体感気温がマイナス30度以下だったのが71日(例年は40日程度)、マイナス40度以下がそのうちの29日間。さらに1月5日には体感気温がマイナス51度まで下がりました。

寒さに慣れているウィニペグの人たちもさすがにこの寒さには悲鳴をあげています。12月中に報告された事故件数は例年の2倍、寒さで動かなくなってしまった車の対応はひっきりなしだそうです。

また、積雪も通常より多く、2013年11月1日からの降雪量は現在までに127センチを超えています。積雪に関しては今のところ過去最悪というわけではなく、1996年の冬には2月末の時点で147センチという年もあったようです。気温が0度を上回る日はほとんど無いので、降った雪はそのまま氷状になって積もり続けています。

除雪も休みなし

この積雪のお陰で、除雪作業の出動回数は過去20年間で最多となっています。街全体を除雪するのにかかるのは2億円と言われていますので、市の財政にとっても多すぎる雪は痛手となっています

ここのところの数週間は比較的暖かい日々が続いていたので、このまま春が来てくれれば!と期待していたのですが、先日からまたマイナス20度の世界が返ってきてしまいました。週間天気予報を見ると、来週にはマイナス35度にまで下がる日もあるようです。

あと少しで3月。そろそろ本当に春が来てほしいというウィニペグ人たちの願いがなるべく早い時期に届くことを祈るばかりです。

20130411_200215_Fotor

近所の協会のメッセージボードに、「誰かわかりませんが、雪が降ることを祈っている人、お願いだからやめてください。」というメッセージが出されていた。(去年)ユーモアたっぷり。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket