児童手当申請手続き

By | 2013年12月26日
2014-02-08_2224
Pocket

カナダでは、永住権を取得していなくても、就労ビザや学生ビザでも1年6か月以上滞在すると、子供手当(Child Benefit)を受け取る事が出来ます。(もちろん、永住権取得取得してカナダに住んでいる人はその時点から受け取れます。)

書類提出から10ヶ月たってようやく申請手続きが終わりそうなので、経緯をまとめておきました。

カナダの子供に対する手当は、2つに分かれていています。
1) CCTB (Canada Child Tax Benefit)
18歳未満の子供に対して支払われる。
(前年度の収入や子供の数によって支払わる金額が変わる。)
2) UCCB (Universal Child Care Benefit)
6歳未満の子供1人に対して一律$100が支払われる。

私達は11年の8月からワークパーミットでカナダにきて、今年の2月でその期間が過ぎたので、さっそく申請しました。

下記が簡単な経緯です。

 

2013年
2月末
滞在1年6ヶ月経過した時点で、申請用紙に記入して郵送。
 3月中旬 子供全員分のパスポートのコピーをFAXしてくださいという連絡。すぐにFAX。
奥さんのパスポートもFAXしてくださいという連絡。すぐにFAX。
 4月中旬 UCCBは受理。申請時期までさかのぼった分のチェックが届く。
その後、毎月チェックが届く。
 5月下旬 CCTBに関しての手紙が届く。
「奥さんの2011年、2012年の年収を知らせてください」という内容。
指定された用紙1枚に記入して送付。(6月上旬)
※この時点で永住権取得
 7月下旬 今度は、「妻の分の2011年分の収入のタックスリターン(確定申告)を出してください。」
という通知が届く。
 8月上旬 妻の2011年と2012年分のタックスリターンを提出。
(2回目以降はネット上からできるのですが、最初は書類を送る)
11月下旬 3ヶ月以上たってもなんの音沙汰がないので連絡。
タックスリターンの処理は最低4ヶ月かかる、とのこと。とりあえず待つ。
12月上旬 「2011年から現在までの下記の情報を提出してください」という手紙が届く。※1
12月中旬 処理完了の通知を受け取る※2
2014年
1月下旬
12月分のCCTBを受け取り始める。さかのぼった合算分はまだ。

※1
提出するよう支持された情報は下記の通り
・住んでいたところの情報。
アパートなら、契約書のコピーと、家賃支払の日付がわかる書類。
個人所有なら、登記簿、住宅ローンの書類、固定資産税の書類。
・電気ガス水道のレシート
・子供が学校に通っている場合は、その証明書、通学履歴

なんでここまで出さないといけないんだ!!と思いましたが、考えてみたら、ワークパーミットで18ヶ月継続して居住しているっていう証明をしないといけないんですね。永住権がとれたのは5月なので、2011年の3月と4月は、それ以前18ヶ月ちゃんとカナダに住んでいて、子どもたちもちゃんと学校に通っていましたよ、っていうことを証明しろ、と。パスポートでいいじゃん、って気もするのですが、まぁこれは仕方ない。

※2
すべての書類を集めるために各所に連絡して着実に書類を集めていた頃、「処理が完了しました。」って手紙が届く。3月から今までの分は合算で、その後毎月届くようになるようです。これで書類提出しなくてもいいのかとも思いましたが、あとから減らしますって言われる可能性もあるらしいので、書類集めは継続中。

 

まとめ

それぞれのステップが前に進むまでに1か月くらいかかるというのんびりさ。一度に言ってくれよ!と思うモノばかり。まぁこっちの確認が足りなかった点もありますし、別に急いでいるわけではないのですが。。向こうの対応を想像すると、チェックリストがあってその上から確認して行って、Xがあったらそこでストップしてその項目を連絡。で、それが届いたら次のステップを確認。またXだったらそれに関して連絡。。ってやってるようにしか思えないくらい。

政府の仕事は対応が遅いので、まずはこっちで確認出来る事は全て確認し、完璧な状態にしてから連絡するってのがお勧めです。

書類提出から10ヶ月経過してますが、未だに正式には完了してないっていう状況です。1年半かかったというケースもあるそうなので、時間はかなり掛かると思っていたほうが良さそうです。






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です