Googleストリートビューでマニトバ州チャーチルのシロクマが見られる!

By | 2014年2月27日
Polar Bear (Sow And Cub), Arctic National Wildlife Refuge, Alaska
Pocket

世界中のあらゆる道路から、道路以外の場所たとえば公園やビーチまで網羅しているGoogleストリートビューですが、ついにシロクマツアーの聖地、マニトバ州チャーチルまで進出してきました。撮影は、非営利団体のPolar Bears Internationalの協力により2013年10月に、10日間にわたって行われました。

チャーチルはこのあたり

チャーチルのシロクマたちは、氷が溶ける夏場に陸地に上がってきて、また氷が凍り始める秋まで陸上で生活します。こういう特殊な環境だからこそ、人々は野生のシロクマの実際の生活を垣間見ることが出来るのです。(Polar Bear InternationalのKrista Wrightさん)

Googleストリートビューのチャーチル特集はこちらから

リンク先のページの一番上にある写真では、2頭のオスのシロクマが戦っているシーンが見られます。(小さいけど!)また、ツンドラバギーと呼ばれるシロクマツアー用の特殊な車両や、夕焼けとオーロラの瞬間など素晴らしい画像がたくさんです。

ツンドラ地帯の環境変化にもっと関心を

近年の温暖化により、氷が溶ける時期が早くなり、また凍り始める時期も年々遅くなってきているそうです。シロクマが主に餌をとることが出来るのは氷の上のため、氷の上で生活できる期間が少なければ少ないほど、餌を満足にとれないことになってしまいます。こういった変化は北極圏の生態系に大きな影響を与えています。

Googleストリートビューで見ら得ることによって、世界中のだれでも実際のチャーチルの様子が見られる事になります。これにより人々がより一層シロクマやツンドラ地帯の環境に関心を持つようになることを、前述のWrightさんは期待しているそうです。

Google Map ストリートビューアドベンチャー、チャーチル

それにしても、Googleストリートビューは本当にすごい。家にいながら南の島から海の中から北極まで、それにシロクマでさえも見に行くことが出来ます。実際の体験には及ばないですが、現地の景色が垣間見れるというのは非常に嬉しい事ですね。

Winnipeg Freepressより






この記事を楽しんで読んでいただけたら、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です