Tag Archives: マニトバノミニー

カナダ永住権取得への近道、マニトバノミニープログラム(その3)申請までの道のり

では、実際にマニトバノミニーを通して永住権を申請するためには、どのような方法があるのでしょうか。 31歳未満の場合 ワーホリでウィニペグ入りし仕事を見つけ、6ヶ月後にMPNP申請というケースが私の周りではかなり多いです。ワーホリビザをもっていればどんな職種のどんな仕事にも就ける上、MPNPは職種を制限していないので、この方法が一番現実的で実現性の高い方法だと思います。ただし、これにはワーホリビザを取得できる年齢である必要があります。31歳を超えている場合は他の方法を探さなくてはいけません。 31歳以上の場… 続きを読む »

カナダ永住権取得への近道、マニトバノミニープログラム(その2)

では、実際のマニトバノミニープログラム(以下MPNP)の申請処理はどのように行われるのでしょうか。流れは以下のとおりです。 条件を満たした申請者がMPNPに申請書を提出する。 ノミニーの審査が通った申請者は、カナダ政府に永住権の申請書を提出する。 ※カナダ政府に直接申請する場合と比べると、それ以前にMPNPへ申請するという手続きが増えます。 MPNPの審査に通ることを、Nominateされる(推薦される)と言います。MPNPの審査が通るというのは、永住権が取得できるわけでもなく、その保証がされたというわけ… 続きを読む »

カナダ永住権取得への近道、マニトバノミニープログラム(その1)

永住権の取得は、海外移住におけるひとつの大きなゴールです。永住権があれば、カナダ市民とほぼ同じ権利がもらえます。もちろん転職も自由ですし、引越しだって自由にできます。 参照:永住権と市民権の違いは? 永住権の申請は直接カナダ政府に申請する方法もあるのですが、年々基準が厳しくなってきているのが現状です。(これに関しては別の記事で。) 州独自の制度、Provincial Nominee カナダ政府に直接申請する方法以外にも、州によってはProvincial Nominee Programという制度を導入してい… 続きを読む »

カナダ永住権と市民権の違い

簡単に言うと、 カナダ永住権:日本国籍のままカナダに永住し、カナダ人とほぼ同等の権利を得る。 カナダ市民権:日本国籍を放棄し、カナダ国籍を取得する。カナダ人になる。 ということで良いかと思います。 カナダ永住権 ・カナダ人とほぼ同等の権利を得る。 ・選挙権が無い、選挙に立候補できない、特定の職業には就けないなどの制約はある。 ・医療や高校までの教育が無料で受けられる。児童手当などについても制限はない。 ・5年間のうち最低2年間カナダ国内に滞在している必要がある。 ・重大な犯罪を犯した場合は国外追放を受ける… 続きを読む »