カナダの住宅事情(5) カナダで家を購入する!クレジットチェック

銀行に必要書類を提出したら、その場でクレジットチェックも行われます。クレジットチェックというのは、その本人がローンをきちんと返せるという信頼に値する人物なのかを確認する審査です。クレジット審査会社が行っており、クレジットカードの支払い状況はもちろん、携帯電話などの支払いが滞りなく行われているかを確認します。 ※クレジットチェックの際は、今までの履歴を提示しますという合意書にサインします。 信頼(クレジット)を積み立てていく クレジットカードはその名のとおり、信頼度を証明するのに非常に重要なアイテムのひとつ… 続きを読む »

カナダの住宅事情(4) カナダで家を購入する!ローン事前審査

まず、近い将来家を購入しようと考え始めた場合、まずは自分がどのくらい値段の家が買えるのかを知る必要があります。漠然とこのくらいかなぁと思っていても、実はそれよりも多く借りられたり少なかったりという事もあるので、これは欠かせないステップですね。 まずは仮審査をしてもらってから、その金額を目安にして購入する家を探し始める、というのが一般的だそうです。というのも、後で詳しく書きますが、家が売りに出されてから売れるまで1周間しかかからないというケースもあるので、ほしい家が見つかってから銀行と話をしたのでは、間に合… 続きを読む »

カナダの教育事情(2) 託児所やNursery School

前回の記事で、Kindergartenに入ることができるのは、その年に5歳になる子どもたちだということをご紹介しました。では、5歳以下の子どもたちはどういう施設に通うことになるのでしょうか。 Kindergartenに入る以前の子供たちが通う事が出来る施設は以下のようなものがあります。 Nursery School(Pre-School) Daycare Center Home Daycare 1つずつ説明していきます。 Nursery School(Pre-Schol) これは、次の年にKinderga… 続きを読む »

カナダの住宅事情(3) カナダで家を購入する!

  今回から、実際に家を買う際のプロセスを数回に分けて書いていこうと思います。思い出しながら書いているので抜けている部分もあるかもしれませんが、概要は間違っていないはずです。 まず、家を購入する方法は大きく分けて、 中古の家を不動産エージェントを仲介して購入する 中古の家を個人間で売買する 新築の家を購入する 上記のような3通りの方法があります。どの方法もメリットデメリットがありますが、まずはそれぞれの流れを説明していきます。 中古の家を不動産エージェントを仲介して購入する おそらく、これが一番… 続きを読む »

カナダの教育事情(1) 日本の教育システムとの違いは?

国も違えば教育のシステムももちろん違います。違うだろうなとは思っていても、違う事が多すぎてびっくりすることがたくさんです。日本の小学校中学校高校に通った自分の中では、「小学校とはこういうモノだろう」って無意識のうちに考えてた事が多かったようで、システムから習慣から違う事が本当に多いです。まずは概要から。 Grade(グレード) 学年はGradeで分けられています。1年生、2年生というところをこちらではグレード1グレード2と数えます。 グレードが分けられるのは年ごと これがちょっと戸惑いやすいところ。日本の… 続きを読む »

カナダの住宅事情(2) カナダの家の特徴(続き)

前回に続き、今回もまたカナダの住宅の特徴についてご紹介してきます。今日のは細かい所やすでに常識な事などいろいろ。 バスルームはトイレと一緒 これはもう日本でも知られている事だとは思いますが、日本の一般的な住宅のようにお風呂とトイレはわかれていません。どんな立派な家でもバスルームにはトイレとバスタブ(シャワー)とシンクがあるスタイルが一般的です。お風呂に入るというよりシャワーを浴びるための場所ですね。日本のお風呂は、お湯につかってゆっくりしてさらに体を洗うという感じですが、こっちのお風呂はあくまでも体を洗う… 続きを読む »

メープルシロップのグレードについて

多くの日本人にとってカナダといえばメープルシロップとスモークサーモン。特にメープルシロップはカナダのおみやげの代名詞ともいえるほど。そのメープルシロップのグレードについてのニュースがCBCに載っていました。 Grade Aが一番美味しいとは限らない? 現在売られているメープルシロップのほぼ全てに、「Grade A Fancy」や、「Canda No.1」などと書いたラベルがはられています。しかし、メープルシュガー製造協会のMatt Gordonさんによると、実は多くの人が好むのは、より濃い色をした「Gra… 続きを読む »

カナダの住宅事情(1) カナダの住宅の特徴

今回から非定期で、カナダの住宅事情ついての記事を書いていきます。シリーズで読みたい方はブログ上記のカテゴリー別メニューから「カナダでの住宅事情」を選んでください。 日本とカナダの住宅事情は違う事はたくさんあります。特に違うのは、 家を住み替えるのは一般的 家の価格が下がらない セントラルヒーティング 地下がある という点だと思います。 家を住み替えるのが一般的 日本では、一度購入した家に一生住み続けるというのが常識になっているような感じですが、ここカナダではそんなことはありません。もちろん、一生同じ家に住… 続きを読む »

カナダの代表的なファーストフード、Poutine(プティーン)

カナダの代表的な食べ物は?と言われたら、おそらく日本にいた頃はスモークサーモンと答えたと思います。ですが、実際のところスモークサーモンはおみやげとしてはかなり有名ですが、それほどカナダで食べられているものという事はありません。(「カナダといえばスモークサーモンでしょ!?」と友人に聞いたら、返事は「なんで?」でした。) 伝統的なファーストフード カナダならではの食べ物というのはおそらくいろいろあるのだろうと思うのですが(あまり思いつきません)、その中でもこれは美味しくてカナダならではと言えるのが、Putin… 続きを読む »

カナダ政府、投資移民と起業移民プログラムの廃止を発表

カナダ移民局は2月11日、投資移民プログラムと起業移民を廃止する予定であることを発表しました。公式な理由は、「膨大な量の未処理の申請書を一旦白紙にし、新たに現在のニーズに合ったプログラムを導入する方針」であるためだそうです。(現時点での未処理の申請書、バックログは6万5千件、そのうち4万5千件が中国からのもの) 投資移民プログラム 160万カナダドル(約1億3千万円)以上の純資産を所有しており、その半分の80万カナダドルをカナダ政府に無金利で投資(5年後に返還)できる人を対象にした移民プログラム。 起業移… 続きを読む »

カナダの労働事情(1) カナダには残業がない?

残業が全くない!と言うわけではないですが、多くの人は残業しません。日本のように残業が当たり前で定時で帰る人のほうが少ないという環境とは全くの逆です。 今働いている会社の定時は5時なのですが、5時になった瞬間にほぼ全員が席をたち、定時を5分も過ぎたら会社に残っている社員はほとんどいません。それくらい定時退社が当たり前となっています。もちろん、忙しい時期などは残業が必要になる場合もありますが、ある一定の期間だけです。 残業をする人は非常に少ない 残業がほぼ無いという環境だけで驚いたのですが、以前にはこういうこ… 続きを読む »

カナダの医療事情(2) ファミリードクターという制度

ファミリードクターという言葉は日本ではあまり馴染みのない言葉ですね。簡単に言うと、家族全員の主治医ということです。カナダで病院にかかる際の基本的な流れはこんなかんじです。 自分のファミリードクターに予約をとり、診察してもらいます。これは基本的にどんな症状でも同じです。例えば、最近胃が痛いなどの内科的な症状から、皮膚の問題でも何でも、まずはファミリードクターに受診します。*緊急の場合は救急治療室に直接行くか、ウォークインクリニックに行きます。 詳しく調べる必要がある場合は、ファミリードクターからの紹介で他の… 続きを読む »

アイスフィッシングに行って来ました!

今日は友人たちとアイスフィッシングに行って来ました。行ったのはウィニペグ中心部から車で30分くらいのところにある、Lockport州立公園。 場所はこの辺り。 この辺りはPickerel(Walleye)という魚が取れ、ウィニペグから近いこともあってフィッシングファンには有名な場所です。この魚、私は食べたことはないのですが、なかなか美味しいらしいです。ウィキペディアによると最大で108センチの大物も釣れたことがあるそうです。 日本のアイスフィッシングでワカサギをつるのとは雰囲気が違います。いつもの釣りを氷… 続きを読む »

カナダの医療事情(1) 無料の医療、長い待ち時間

カナダは国民皆保険制度を採用しているため、基本的な医療は全て無料(*1)です。病院に行って診てもらった場合、そこでお金を支払うことはありません。 処方箋をもらい、薬局でその薬を購入する時は自己負担となります。雇用主が何らかの医療制度を持っている場合がほとんどなので、購入金額の7割から8割は返ってくる場合が多いです。個人事業主の人は、別途公的な医療保険に入っていれば、同じように7割程度は返ってきます。 (*1)州にもよりますが、移民の場合は移民してから3ヶ月以降から適用だったり、ワーホリだと対象にならないと… 続きを読む »

雪の街ウィニペグ・除雪作業

ウィニペグにはもちろん、雪がたくさんふります。豪雪地帯というわけではないのですが、降った雪は春まで溶けずに残るので、除雪されないと道路はとても危険な事になります。降ったパウダースノーを通る車が押し固めていくので、道路の上を一枚の氷の板が貼ってあるような感じですね。 もちろん、そういう街だからこそ除雪のスピーディーさは凄いです。雪が降った翌朝には、主要道路の除雪は終っていて、その他の小さめの道路も数日後には綺麗に除雪されていきます。(街を一回り除雪するのにかかるのは2億円くらいだそうです。) 除雪は主に下の… 続きを読む »